歯の汚れの落とし方を徹底考察

やっぱり気になる!歯の着色汚れはホワイトニングがオススメ

美人な女性でも、カッコイイ男性でも、笑った時にちらっと見える歯が黄ばんでいたら、それだけでとっても残念な気持ちになりますよね。

 

歯磨きを毎日していても、歯についたお茶やコーヒーなどの黄ばみはなかなか除去することが難しいです。
ホワイトニング作用のある歯磨き粉で歯を磨いたとしても、即効性はなく希望する白さまでにはならないことが多いです。

 

そんな時にお勧めできるのが、歯医者さんによるホワイトニングです。ホワイトニングは自由診療な為、歯医者さんによっても値段は違いますが、最近では比較的リーズナブルで施術できるクリニックも見受けられます。
ホワイトニング剤の過酸化水素の反応により、歯の内部までにしみ込んだ着色を漂白します。
ホワイトニングの種類によっては、施術後に歯がしみて痛みを感じる方もいるようです。ですが、歯医者さんによってその痛みが出ないような施術をしているところもあります。

 

それは、ポリリンプラチナホワイトニングと言う施術です。普通のホワイトニングに比べて、施術後に歯がしみにくくなり、色素沈着しずらくなるといった違いがあるようです。
また、ホワイトニングの施術で、虫歯予防や歯周病予防も出来てしまいます。

 

歯医者さんによっては、ポリリンプラチナホワイトニングの施術を行ってないところもあるので、一度念のため電話やホームページで確認してみましょう。
ちゅらトゥースホワイトニングはAmazonで買える?

歯垢などにより変色した歯の色を白くする方法はホワイトニングと呼ばれていますが、歯医者などで行うオフィスホワイトニングに対して、自分で行うホームホワイトニングがあります。

 

歯医者に行ってとってもらった、自分の歯型と同じ形のマウスピースを使い、専用の薬剤を塗った上で毎日2時間装着する、簡易的な治療法です。
平日に歯医者に通えない社会人が、自分の歯を手軽に白くしたい時に用いられますが、保険が効かない実費治療となります。

 

メリットとしては、オフィスホワイトニングを行った時と比較して、定期的に通うなどのメンテナンス及び、コストを抑えることができる特徴があります。歯の内部から漂白していくため、カレーなどの表面的な汚れや黄ばみにも効果があり、自然な白さに仕上がることが最大の利点と言えます。
オフィスホワイトニングと違い使用する薬剤は刺激が少ないことから、知覚過敏になりにくい点も挙げられます。

 

デメリットとしては、マウスピースに抵抗がある人に向いていないこと、薬液の濃度の関係で効果が出るのに数週間かかります。治療時は着色しやすくなっているために、12時間から24時間程度は色の濃い食べ物を控える、食事制限を設ける必要があります。さらに被せものや詰物の歯、神経のない歯はホワイトニングに適さないため注意を要します。

続きを読む≫ 2017/10/07 12:17:07

歯の健康や見た目の清潔感を理由に行うホワイトニングには、歯医者に通院しながら行うやり方と自分で行う2種類の方法があります。
近年ではホワイトニングの需要が高まってきている中で、日本でのホームホワイトニングは海外に比べてまだ一般に普及していないのが現状です。そんなホームホワイトニングにはいくつかのメリットがあります。
まず一つ目が効果の持続性です。人によって個人差はありますが、一般的な歯医者で行うオフィスホワイトニングの持続期間が3ヶ月から半年なのに対して、ホームホワイトニングは半年から1年の持続効果が期待できるとされています。
自分の生活のペースに合わせやすいのもメリットの一つです。オフィスホワイトニングは事前に歯医者に予約をして通院しなければいけないため、仕事をしているなど人によっては定期的な通院が難しいケースも少なくありません。その点、ホームホワイトニングであれば自宅で生活の空き時間を利用して、納得のいく白さになるまで続けることができます。
費用の面でも、マウスピース代といった初期費用以外はさほどお金が掛からないことから、何度も通院するオフィスホワイトニングよりも費用を抑えることが可能です。

続きを読む≫ 2017/10/04 12:16:04

ホワイトニング歯磨き粉に含まれる有効成分は、大別すると3種類になります。

 

まず第一に研磨剤です。
研磨剤には、石灰岩や貝殻を粉砕してできる重質炭酸カルシウムや、歯や骨の主成分でもあるハイドロキシアパタイトなどが用いられます。
研磨剤は、歯垢などを除去しますが、硬すぎると歯を擦り減らしますし、柔らかすぎると研磨効果が弱すぎて役に立ちません。
特に、ハイドロキシアパタイトは研磨効果だけでなく、歯のミクロレベルの傷を修復する効果やホワイトニング効果もあります。

 

第二の成分は、発泡剤(界面活性剤)で、歯を磨いた時に泡立てる効果があり、油性の汚れなどを取り除きます。
ラウリル硫酸ナトリウムが発泡剤の代表的なもので、これは洗剤の一種です。

 

第三の成分は薬効成分で、殺菌のための薬剤、虫歯予防のフッ素、ホワイトニングのための薬剤などです。
ホワイトニングのための薬剤としては、歯の表面の着色を除去するポリリン酸ナトリウムや、タバコのヤニを除去するポリエチレングリコールなどがあります。

 

ホワイトニング歯磨き粉でできることは、歯の表面に付着した着色汚れを取り除き歯を白くすることで、歯に染み込んだ頑固な着色を取り除くことは、殆ど不可能です。

続きを読む≫ 2017/09/30 12:15:30

ホワイトニング歯磨き粉を使ったホワイトニング効果は、歯の表面の着色汚れの除去に限られ、歯に染み込んだ着色汚れには対処できません。

 

それでも、ホワイトニング効果のある薬剤として用いられるポリリン酸ナトリウムは、歯の表面の着色汚れ(ステイン)を取り除き、さらに歯石の付着を防止する効果もあって、一定のホワイトニング効果が期待できます。

 

また、タバコのヤニは、歯磨き粉に含まれる研磨剤や発泡剤でも取り除きにくいもので、ポリエチレングリコールを添加することで、タバコのヤニ除去対策としています
歯磨きによるホワイトニングは、これらホワイトニング用薬剤の効果だけでなく、歯ブラシによるブラッシング効果も重要な要素で、ブラシで物理的に擦り落とす動作も効果的なものにする必要があります

 

。ただし、限度を超えて歯を磨きすぎると、研磨剤が歯茎や歯にダメージを与えることもあります。
また、研磨剤が大粒でザラザラする感じのものは、研磨効果が大きいけれど、歯茎や歯へのダメージも大きくなりますので、歯ブラシによるブラッシングの強さや回数を考慮した自分なりのスタイルを考えると良いでしょう

 

いずれにせよ、歯磨きによるホワイトニングは、歯の表面に対する対策ですので、歯に染み込んでしまった着色は、別の方法で対処する必要があります。

続きを読む≫ 2017/09/26 12:14:26